名古屋市 任意整理 弁護士 司法書士

借金返済について相談を名古屋市在住の人がするならココ!

借金の利子が高い

名古屋市で借金・債務の悩み相談をするならどこがいいのか、決められないでいたりしませんか?
せっかく相談するなら、優秀な司法書士や弁護士が相談にのってくれる法務事務所・法律事務所にしたいですよね。
当サイトでは、ネットで無料相談できる、お勧めの法律事務所や法務事務所を厳選して紹介しています。
もちろん名古屋市の人もOKですし、相談は無料なので安心です。
直接相談をいきなりするのはちょっと不安、と思っている人にもお勧めです。
債務・借金返済のことで困ってるなら、まず弁護士や司法書士に相談して、解決への道を探してみませんか?

借金・任意整理の相談を名古屋市の人がするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

名古屋市の借金返済や債務の悩み相談なら、ココがお勧め。
弁護士が対応してくれて、全国対応の弁護士事務所です。
初期費用が無料なので、現在の手持ちがなくても安心して相談できます。
弁護士費用の支払は、分割払いにも対応しています。
弁護士への相談料金ももちろん無料!
借金の督促をSTOPするのもできます。
個人再生、過払い金、任意整理、自己破産、など、債務のことを無料相談することができます。
しかも、窓口では365日24時間、いつでも受け付けしてくれます。
フリーダイヤル(通話代0円)で相談受付が可能なので、借金返済で悩んでいる方も今すぐ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今すぐ!24H電話受付☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性にオススメ!)
全国対応の、借金や債務の問題が相談できる司法書士事務所。
任意整理、自己破産、個人再生などなど、あなたに合ったやり方で多重債務・借金の問題を解決します。
それと、過払い金の返還請求は、初期費用0円で、戻ってきた過払い金から費用を精算できます。
任意整理でも、減額報酬・和解成功報酬などを一切取らないため、おトクに解決することができます。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのも助かります。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口(借金返済相談)もあるので、女性でも安心です。
まずはお気軽に無料相談をどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが対応する、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はコチラ↑↑



街角相談所-法律-

街角相談所-法律-

名古屋市の人が借金や債務整理の相談をするならまず、これもおすすめです。
「借金解決診断シミュレーター」という名の、ネットを使った借金の診断ツールです。
カンタンな5つの質問に答えるだけで、どのようにして借金を減らすかという方法や、毎月の返済額がいくらになるのかなどが分かります。
いきなり弁護士や司法書士へ直接相談するのは、ちょっと気後れする。
そんな方にピッタリです。
しかも、無料で、匿名で使えます☆
キライ全国対応している法律事務所・法務事務所のサービスなので、名古屋市の方も安心して利用・相談できます。

◆特徴◆
  • たった5つの質問に答えるだけ!
  • 借金を減額する方法が分かる!
  • 毎月の返済金額がいくらになるのか分かる!
  • 無料&匿名で利用できる!
  • 全国に対応!
あなたの債務・借金の悩み、無料&匿名で相談・診断してみませんか?
借金解決診断シミュレーター
借金解決診断シミュレーター

↑↑↑↑↑
匿名&無料で、借金の相談・診断を。

名古屋市周辺の他の法務事務所や法律事務所を紹介

他にも名古屋市には法律事務所や法務事務所があります。参考にしてみてください。


●司法書士法人ファミリア/丸の内事務所
愛知県名古屋市中区錦一丁目3番18号エターナル北山ビル7F
052-228-7533
http://saimuseiri.bz

●辻司法書士事務所
愛知県名古屋市北区清水1丁目22-4
052-953-0006
http://tsuji-shihou.com

●アプローチ(司法書士法人)
愛知県名古屋市中区錦2丁目2-13名古屋センタービル8F
0120-512-432
http://approach.gr.jp

●しょうぶ法律事務所
愛知県名古屋市中区錦2丁目2-2名古屋丸紅ビル12F
052-223-5555
http://shobu-law.com

●弁護士法人名古屋総合法律事務所
愛知県名古屋市中区丸の内3丁目4-30
052-961-3911
http://nagoyasogo.jp

●弁護士法人あおば法律事務所
愛知県名古屋市中区丸の内3丁目9-16丸の内YSビル4F
052-972-0091
http://aoba-law.jp

●菰田裕子司法書士事務所
愛知県名古屋市守山区小幡中3丁目4-1
052-797-7702
http://k-siho.com

●関司法書士事務所
愛知県名古屋市中区丸の内1丁目9-7
052-265-6153
http://sekijimusyo.jp

●名古屋第一法律事務所
愛知県名古屋市中区丸の内2丁目18-22三博ビル5F
052-211-2236
http://daiichi-law.gr.jp

●山崎夕希子司法書士事務所
愛知県名古屋市瑞穂区東栄町3丁目25-3斉藤ビル6F
052-852-1147
http://yukiko-shihou.jp

●丸の内総合法務事務所
愛知県名古屋市中区丸の内2丁目15-16
052-211-2471
http://marunouchi-legal.com

●愛知県弁護士会
愛知県名古屋市NakaWard,Sannomaru,1丁目4-2愛知県弁護士会館1F
052-203-1651
http://aiben.jp

●すずたか総合法律事務所(弁護士法人)
愛知県名古屋市中区丸の内3丁目5-40ロイヤルセッションズ
052-955-0095
http://suzutaka-law.com

●成田龍一法律事務所
愛知県名古屋市中区錦3丁目14-14高坂ビル6F
052-973-0531
http://narita-law.jp

●守山法律事務所
愛知県名古屋市守山区中新10-8シャンボール小幡2F
052-792-8133
http://moriyama-houritsu.com

●名古屋の弁護士片岡法律事務所
愛知県名古屋市丸の内2丁目19番25号
052-231-1706
http://kataokaoffice.jp

●名古屋シティ法律事務所
愛知県名古屋市中区丸の内3丁目19-5フレッジオLA7F
052-253-5200
http://nclo.jp

地元名古屋市の弁護士や司法書士の事務所の門をたたき、直接相談するのもアリです。
ただ、直接相談よりも、ネットからの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、相談しやすい方も多いのではないでしょうか。

名古屋市に住んでいて多重債務に弱っている状況

消費者金融やクレジットカードの分割払いなどは、高い金利がつきます。
15%〜20%もの金利を払わなければならないのです。
住宅ローンだと年間0.6%〜4%ぐらい、自動車のローンも1.2%〜5%(年)ぐらいなので、すごい差があります。
しかも、「利息制限法」でなく「出資法」をもとに金利を設定するような消費者金融だと、利子0.29などの高い金利をとっていることもあります。
かなり高利な利子を払いながら、借金は増えるばかり。
借金をしたのは自分の責任なので仕方ないですが、金額が多くて高い金利となると、返済するのは大変なものでしょう。
どう返済すればいいか、もはや思いつかないなら、法務事務所・法律事務所に相談してはどうでしょう。
司法書士や弁護士ならば、借金・お金問題の解決策をきっと見つけてくれるはずです。
長期計画での返済かもしれないですし、過払い金を返してもらって返さなければいけない金額が減るのかもしれません。
まずは相談、解決にはこれが第一歩です。

名古屋市/借金の減額請求って?|任意整理

多重債務などで、借入の返済が滞った実情になった際に効果のある方法の一つが、任意整理です。
現在の借入れの状態を改めて確かめて、過去に金利の払いすぎなどがあったなら、それを請求、若しくは現在の借入と相殺をして、なおかつ現状の借り入れに関してこれから先の利息を減らしてもらえる様にお願いするやり方です。
ただ、借金していた元金については、まじめに払戻をするという事がベースであり、利子が減額になった分だけ、前よりも短い時間での支払いがベースとなってきます。
只、利子を返さなくて良い分だけ、月々の返済額は縮減されるのだから、負担は少なくなると言うのが一般的です。
ただ、借り入れしてるクレジット会社などの金融業者がこの今後の金利に関しての減額請求に応じてくれなきゃ、任意整理はきっと出来ません。
弁護士さん等の精通している方に頼んだら、必ず減額請求が出来るだろうと考える方も多数いるかもわかりませんが、対応は業者によって様々あり、応じない業者も有るのです。
只、減額請求に応じない業者はすごく少ないです。
ですから、実際に任意整理を行って、ローン会社などの金融業者に減額請求をすることで、借金のプレッシャーが減るという人は少なくないでしょう。
現に任意整理ができるだろうか、どれ程、借金の返金が減るかなどは、まず弁護士に依頼してみることがお薦めでしょう。

名古屋市|自己破産に潜むリスクとは?/任意整理

はっきり言えば世間で言われているほど自己破産のリスクは多くないです。土地、マイホーム、高価な車など高値の物は処分されますが、生活していくうえで要るものは処分されないです。
また20万円以下の預金は持っていてもいいのです。それと当面の数か月分の生活に必要な費用百万未満なら持っていかれる事はないのです。
官報に破産者の名簿として記載されますがこれもわずかな人しか目にしません。
また俗にブラック・リストに載ってしまい7年間程の間はローンもしくはキャッシングが使用不可能になるが、これは仕方がないことでしょう。
あと一定の職種に就職できなくなることもあるでしょう。けれどこれも一定の限られた範囲の職種です。
したがって債務超過で返すことが出来ない借金を抱えているならば自己破産を実行すると言うのもひとつの手段でしょう。自己破産を進めたならばこれまでの借金がゼロになり、新規に人生をスタート出来ると言うことでよい点の方がより多いと思います。
又自己破産者は公法上の資格制限として税理士や公認会計士や司法書士や弁護士等の資格はなくなります。私法上の資格制限とし保証人や後見人や遺言執行者にもなれません。又会社の取締役などにもなれないでしょう。ですがこれらのリスクはあんまり関係がない時が多いのではないでしょうか。リスクはさほど大きな物じゃない筈です。

関連ページの紹介です